読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言日記

生き方に迷った私の戯言、日記

超獣神祭

久しぶり更新であります。

モンスト!!!!!!!!!

 

まじ楽しい、

リア友と最近やる頻度が増えたので

やり始めたら止まらなくなってしまいます。

 

超獣神祭では

友人2人も課金!

私は諭吉を投入!!!

 

卑弥呼狙いで!!!!!

37連しました!

 

スクショ全部撮りきれなかったのですが

一部です。
f:id:siro_yuki:20170131105631j:image

一枚だけやないかーーーい

結果は

10連目 パンドラ 家康

20連目 パンドラ

30連目 ガブリエル 神威 周瑜

単発7連 ショコラ 卑弥呼

 

最後の最後の単発で
f:id:siro_yuki:20170131105924j:image

今回は神引きですね、

今までの爆死を無かったことに

してくれました。

 

 

パンドラ計3体になって

進化、神化持ちになり

ガブリエルも2体になり

両方使えて便利に

 

そして運極は五体目に


f:id:siro_yuki:20170131111104j:image

爆絶にも挑戦していきたいです。 

 

BOX公開しときます。


f:id:siro_yuki:20170131110844j:image
f:id:siro_yuki:20170131110920j:image
f:id:siro_yuki:20170131110942j:image
f:id:siro_yuki:20170131110957j:image

 

夢の城

夢の城って言えば

素敵な家を思い浮かべるかも

知れませんが

家賃5万3千円

日当り良好

ベランダの狭さ

勝手に開くドア

鍵の閉まらないトイレ

 

それでも私にとっては必死に掴んだ

城でした。

 

今日、解約の電話をしました。

文句ばっか言ってたけれど居心地

よかったな、

 

 

悲しみ。

私の夢は

今のわたしの夢は、

フリーのカメラマンと

ライターと占い師と専業主夫です。

 

ただ、ひたすら夢にむかって

がんばって達成したら虚しくて

潰れてしまった人間なので

複数の夢を追いかけることにしました。

 

 

一つを押し通すのではなくて

好きなことを重ねて、なりたい自分を探して

フラフラして!どんどん増やしていけたらな

そう思っています。

 

恋愛もふらふらと言われたら

何も言えなくなりますが(笑)

信念なんて持たない私がやりたいことをする

それだけでいいって緩く生きていきます。

 

そのせいで更新が遅いですがよろしくお願い

致します。

 

あなたの夢はなんですか、

その一つだけの夢であなたが測れますか?

酔っぱらい

すみません酔ってます。

 

アルコールに頼って言います

好きなら好きって言って欲しいし

相手がいるのに寂しいなんて言わないで

私は惚れやすいの

尽くしてしまうの

あなたの幸せを望んでしまうの

1%でも私があなたを幸せにできるなら

何でもするよ?

 

でも返してくれないなら

私は虚しいだけ。

返して欲しいよ。好きだもん。

愛して欲しいよ。

 

私に出来ることなら何でもするから

私を認めてください。

銀髪欲

黒染めした癖に

このタイトルだよ。

(/・ω・)/コノヤロー(/・ω・)/コノヤロー

 

昔から一度も染めなかった髪を染めた

私は仕事が始まるのを理由に

黒染めしました。

 

黒染めの恐怖を考えずに(泣)

黒染めって他の色染めの中でも

別の部類になるらしく、

何年経っても色落ちしないものらしいです。

物にもよりますが、、、

 

要するに黒染めの頭を

明るくするためには

ブリーチ(髪の毛を痛める)

もしくは

一番明るい色を入れるが

ベストらしいです。

 

黒染めしたところの色染めは

現役美容師でも、嫌なようで

ムラができてしまう、

ムラができたらクレームになる。

っていう状態になりやすいらしいです。

 

そんなの早く教えてくれ〜

黒染めなんて気軽に自分でやってしもうた〜

 

という状態な!の!に!

銀髪にしたい私!

とりあえずいつも行ってる美容室に

相談したいと思います。

どうなるんだろう??

髪の毛と不細工の銀髪

 

今後をお楽しみに。

不幸なシンデレラ

何かに依存すれば、

収まる感情だと思ってた。

 

終わってしまえば、

儚い素敵なお姫様になるはずだった。

 

私は一昨日、

舞踏会に行く前に人生の幕を閉じた。

 

呆気ない。

わかっていたこと。

望んでたことなのかもしれない。

 

虚しさに、

押しつぶされた、

自覚無き疲弊、

前向きに考えようと

思うしかできない現状、

今まで出会った人に

明るく相談することもできない恐怖、

すべてに嘘をつかなきゃいけない状態。

 

やっと自覚した、

私は自覚し、全てを吐き出した。

笑いがとまらなくて

笑えなくて

ふと、涙がこぼれた。

 

今まで欠けていただけの自分の価値観を

全てなくしたという表現が正しいのか

そんなこと、どうでもいい。

 

次の1歩を踏み出すチャンスを得たのに

その1歩が人生を変える重い1歩だと

足がすくみ何処にも行けず、

考えても考えただけ、

自分の無価値を自覚する。

 

ただこれをチャンスとして

掴まなければ一生、

私は罪悪感に潰され、

静かに息を引き取るだろう。

 

「シンデレラにはなれなかった。

素敵なものにはもうなろうとも思わない」

 

そう言って自分の可能性をかき集め、

集めたものだけ持って。

間に合うはずのない舞踏会に

向かうのだった。

 

大切にすべきは

あけおめから

すぐに書いてた記事なんですが

何言わずとも年賀状や

あけおめLINEを

くれる人間だけ

たいせつにすればいいじゃないか!!!

って力説してたんだけど

下書き消えたというあれ!

 

みんな年賀状は日本人の礼儀

来なかった人は来年は年賀状がたくさん

来るような人間関係を作ってね!!

 

以上

山盛りモンスト

新年のくだりから早3日

全然書いてなかった私です。

 

そして!モンスト!!

31日星六確定ガチャ!!!

の前に単発3回引きました


f:id:siro_yuki:20170104184918j:image

からの
f:id:siro_yuki:20170104184945j:image

アリスきました!!!

前アカウントで一番活躍してたアリスちゃん

 

こりゃ勢いが来てる!!

徹夜カラオケ後に課金

星六確定ガチャ!来いハンゾーナイチン!


f:id:siro_yuki:20170104185150j:image

やったーコルセア艦隊だー(棒)

めちゃくちゃ残念な結果に落胆

完全に落ち込んでいた私に神が舞い降り

ました!!!!☆.。.:*・°☆.。.:*・

 

 

新年一発目10連!狙うは卑弥呼
f:id:siro_yuki:20170104185403j:image

え???

 


f:id:siro_yuki:20170104185428j:image
え???????????

やったぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!!!!

引けると思っていなかった子が降臨

このガチャのためのコルセアだったのか!

ありがとうコルセア!!!

そして覇者塔23階苦戦組の私

ナスカ二体目はうまい!!!!

 

そして駆け上がる覇者塔
f:id:siro_yuki:20170104185645j:image

次は30階ここほかの階との難易度

桁外れに違わないか?

ボスラッシュじゃんと思いつつ

ここまで上がってこれてめちゃくちゃ

嬉しいです。

 

その後もぼちぼちガチャを引いてますが

当たりはなく関羽二体目とかシリウスとか

なんかうん?って感じでした。

そして降臨キャラで意外と好きなメガネっ子
f:id:siro_yuki:20170104185911j:image

クリアした時はつい片手を

振りかざしてました(笑)

 

次の盛り上がりはモンたま!!

火のキャラがだけたらな〜と思いつつ

華麗に回避していく私であった。

ちゃんちゃーん
f:id:siro_yuki:20170104190051j:image

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

今年の抱負は

無理せず自分らしく生きる

 

ということで頑張って行きたいと思います。

もう少ししたら

長い休みが終わってしまいます。

人生の分岐点

私は最後までやりきって、

勇気のある逃走をしたいと思います。

 

短い人生、もう少し楽しいに重点を

置いて生きていこうと思います。

 

このブログの頻度も減るかと思います。

減ったぶん、

頑張ってるんだなと思ってくれると

うれしい限りです。

 

去年も沢山の出会いと別れがありましたが、今年は去年より少しでも多く良くなればいいです。

そんな1年で大富豪になるとか望んでないので小さな幸せコツコツと、積み上げて行けたらいいな

 

続けて記事は書くと思いますが

ここで新年の挨拶を示させて頂きます。

ありがとうございました。

ゆめがたり。【3】

たとえ全てが嘘であっても楽しかった。

夢に向かって頑張ってる彼らに、

全てを投げ出したとは言えなかった。

 

自分が必死で集めたお金を彼らの為に

使うことでしか、嘘をついた罪悪感を

埋めることは出来なかった。

 

少しでも彼らが前を向ければよかった

そのために私の財布が痩せることなんて

全く気にならなかった。

 

後輩達の背中を押した私は

すっかり痩せた財布と数少ない、

あと2、3本しかないタバコを持って、

帰路につく。

 

空は都会よりも星の数は見られたが、

その数の少なさに私は虚しさを感じた。

 

いつも火をつけるのに時間のかかる私、

私のように小さく燃える100円のライター、

まだ慣れない煙草をふかす。

 

来年に希望はなくて、

明るい未来が来ないと、

自暴自棄な私も今日だけは、

 

幸せな次の年を、

瞼の裏にだけ映せるようだ。

 

ゆめがたり。