読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言日記

生き方に迷った私の戯言、日記

ゆめがたり 【1】

彼の人生は順風満帆だった。

幸せな家族、仲のいい友人

素敵な恋人

大きな夢、

夢を叶え沢山の人に期待され

責任のある職に就いた。

満たされていた。

 

夢を叶えた彼には、

何も残っていなかった。

虚しかった、全てが壊れ始めた。

彼の状態に家族は悲しみ

家にも居ずらくなった。

友人にも今の状態は説明出来ず、

友と呼べる人は少しずつ減った。

恋人は受け入れることが出来ず、

彼を見捨てた。

夢だった仕事は苦痛で足がすくみ

仕事場で食べてもない朝食を吐く毎日。

 

 

 

早朝5時57分の電車は彼の命と

共に止まった。

 

 

 

ゆめがたり