読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言日記

生き方に迷った私の戯言、日記

ゆめがたり。【3】

たとえ全てが嘘であっても楽しかった。

夢に向かって頑張ってる彼らに、

全てを投げ出したとは言えなかった。

 

自分が必死で集めたお金を彼らの為に

使うことでしか、嘘をついた罪悪感を

埋めることは出来なかった。

 

少しでも彼らが前を向ければよかった

そのために私の財布が痩せることなんて

全く気にならなかった。

 

後輩達の背中を押した私は

すっかり痩せた財布と数少ない、

あと2、3本しかないタバコを持って、

帰路につく。

 

空は都会よりも星の数は見られたが、

その数の少なさに私は虚しさを感じた。

 

いつも火をつけるのに時間のかかる私、

私のように小さく燃える100円のライター、

まだ慣れない煙草をふかす。

 

来年に希望はなくて、

明るい未来が来ないと、

自暴自棄な私も今日だけは、

 

幸せな次の年を、

瞼の裏にだけ映せるようだ。

 

ゆめがたり。